バイオレオロジーは医学やバイオメカニクス、医用工学の研究分野とも関連する境界領域の学問です。
日本バイオレオロジー学会について
ホーム > 日本バイオレオロジー学会のご紹介
バイオレオロジーとはパンタレイという言葉があります。ギリシャの哲学者ヘラクレイトス(BC 540 - 500)が言った言葉で、"万物は流転する" という意味です。大陸や氷河は何千万年、何億年の間には少しずつ移動しますし、逆に水などはあっというまに移動して流れてしまいます。固体と思われる物質も長時間かけて観察すれば、液体的に振る舞いますので、どの程度のタイムスケールで観察するかが重要となります。

レオロジーは、一般には "物質の流動と変形の科学" と定義されています。レオロジーという言葉は、1930年ごろから使われはじめました。レオロジー(rheology)のレオ(rheo)は、ギリシャ語で "流れ"を意味します。レオロジーの研究は、高分子化学、塗料、油脂などの工業分野での研究、技術の進歩とともに発展してきました。

一方、バイオレオロジー(biorheology)は、生体および生体を構成する物質の流動と変形の科学ということができます。生体および生体を構成する物質ということで、人間を含むすべての動物と植物が対象となり、それらを構成する物質全てが対象となります。例えば、血液、血管、心臓などの各臓器、骨、皮膚、毛髪、筋肉、細胞、生体粘液、たんぱく質やDNA溶液、あるいはでんぷん、ゼラチン、寒天、ミルク、チーズなどの食品、羊毛や麻などの天然繊維など、多くの日常生活に関係したものが考えられます。

バイオレオロジーは医学とも深く関係しています。血管、血液、各種臓器、各種器官の病態におけるレオロジー特性、レオロジー的な立場からの各種器官の病態発現との機構の解明など基礎および臨床医学にとっても重要な課題が多くあります。例えば、動脈硬化や動脈瘤などの血管病変、血栓症、臓器微小循環障害、冠循環などが非常に広い範囲の問題が研究の対象となります。

バイオレオロジーはバイオメカニクスや医用工学の研究分野とも関連する境界領域の学問です。あまり分野や研究テーマにとらわれず、生命現象あるいは生体を構成する物質を物理、工学的手法を用いて研究している研究者の集まりが本学会であるといえましょう。

学会長からのメッセージ
日本バイオレオロジー学会は、1977年、生体および生体構成物質の流動と変形に興味を持つ広い分野の研究者が集い、この分野の草分けである岡小天先生を初代学会長として設立された学会です。それ以来学会では、研究者がこの学問領域に対して共通の情報と認識を持つための交流の場を提供しております。また、得られた研究の成果については、次のような主催イベントやオフィシャルジャーナルを通して発信しております:日本バイオレオロジー学会年会、バイオレオロジー・リサーチ・フォーラム、レオロジー討論会(日本レオロジー学会との共同主催);英文誌Journal of Biorheology、和文誌B&R 。

近年の主催イベントでは、細胞をはじめとする複雑な対象に対して、モデル化などによるマクロな把握や発展が著しいマイクロ・ナノオーダーの計測技術を駆使した局所的な測定による新しい研究成果が発表されており、生体内における現象の基礎的理解を深めるとともに、多くの応用がなされています。例えば、臨床医学の分野では、循環器病をはじめとするいろいろな病気のメカニズムが、バイオレオロジーの視点から解析され、心筋梗塞や生活習慣病などの診断や血管内治療の指針を得ることに役立っています。

日本バイオレオロジー学会は、当初より、学際的色彩の強い学会として、多くの学問領域と関わりを持って発展してきました。これは、一つには、レオロジーが流動と変形に関する一般論を提供する学問であり、対象によらず応用可能であることに由来するものです。一方、生体内では、弾性と粘性が時間的にも空間的にも不均一かつ局所的に生ずることが現象の本質的な役割を果たすことが多く、バイオレオロジーにおける研究の特徴となっています。日本バイオレオロジー学会では、現在、生命科学、臨床医学、食品科学、理工学など幅広い分野の研究者の交流が極めて活発に行われており、このことが学会発展の原動力になっています。この魅力ある学問領域に、多くの研究者に興味を持っていただき、ともに活動して頂くことを期待しています。

  日本バイオレオロジー学会
理事長 関眞佐子
(関西大学教授)

学会長からのメッセージ
理事長 関 眞佐子 (関西大学)

副理事長
丸山 徹 (九州大学) 金田 勇 (酪農学園大学)

名誉会員
金井 寛 志賀 健
深田 栄一 増田 善昭

名誉顧問
安藤 譲二 (獨協医科大学) 磯貝 行秀 (東京慈恵会医科大学)
氏家 弘 (東京労災病院) 内村 功 (千代田朋仁クリニック)
大久保 千代次 (電磁界情報センター) 大島 宣雄 (筑波大学)
貝原 真 (理化学研究所) 貝原 学 (山王病院)
梶谷 文彦 (川崎医科大学) 神谷 瞭
小山 富康 (北海道大学) 佐藤 正明 (東北大学)
菅原 基晃 (姫路獨協大学) 西成 勝好 (湖北工業大学)
前田 信治 (愛媛大学) 峰下 雄 (帝塚山大学)
本川 達雄 (元東京工業大学)  

理 事
(評議員を兼務)
青木 友浩 (京都大学) 安達 泰治 (京都大学)
岩ア 清隆 (早稲田大学) 大島 まり (東京大学)
大橋 俊朗 (北海道大学) 喜多 理王 (東海大学)
工藤 奨 (九州大学) 後藤 信哉 (東海大学)
佐々木 直樹 (北海道大学) 佐藤 恵美子 (新潟県立大学)
島野 健仁郎 (東京都市大学) 庄島 正明 (東京大学)
田地川 勉 (関西大学) 谷下 一夫 (早稲田大学)
土橋 敏明 (群馬大学) 西田 正浩 (産業技術総合研究所)
長谷部 光泉 (東海大学) 一杉 正仁 (滋賀医科大学)
深作 和明 (理化学研究所) 船見 孝博 (三栄源エフ・エフ・アイ株式会社)
松本 健郎 (名古屋大学) 望月 精一 (川崎医療福祉大学)
山田 宏 (九州工業大学) 山本 希美子 (東京大学)
吉田 雅幸 (東京医科歯科大学) 吉村 美紀 (兵庫県立大学)

監 事
市川 寿 (長崎大学) 外山 吉治 (群馬大学)

評議員
浅田 祐士郎 (宮崎大学) 小久保 謙一 (北里大学)
四方 俊幸 (東京農工大学) 須藤 亮 (慶應義塾大学)
高木 周 (東京大学) 高橋 智子 (神奈川工科大学)
武居 昌宏 (千葉大学) 中村 匡徳 (埼玉大学)
仲本 博 (川崎医科大学) 平尾 和子 (愛国学園短期大学)
藤井 修治 (北海道大学) 古川 克子 (東京大学)
古川 英光 (山形大学) 古澤 和也 (北海道大学)
槇 靖幸 (群馬大学) 牧野 真人 (山形大学)
南山 求 (広島国際大学) 八木 高伸 (早稲田大学)
山本 徳則 (名古屋大学) 渡邉 宣夫 (芝浦工業大学)
  ※50音順